メタボリックなサイトマップ

医薬品と医薬部外品の育毛剤の違いなどは?

医薬品

育毛剤には医薬品と医薬部外品などに大きく分かれます。

 

医薬品を育毛剤という風に呼んだ方が良いのか発毛剤と呼んだ方が良いのかというと難しいので、主に頭皮に関する製品に対しての分類の違いというのが良いかもですね。

 

仮に医薬部外品の製品を発毛剤と呼ぶことはあまりないかもしれません。

 

このように医薬品と医薬部外品というのは大きな違いがあります。

 

医薬品で第一類や第二類などに分類されています。主に配合されている成分によって決まっています。

 

医薬部外品

なので、医薬品として指定されている成分が医薬部外品に配合されているという事はないですし、逆に医薬品に認定されている成分が入っていない医薬品というのはやはりありません。

 

今医薬品でも第一類に認定されているのはミノキシジルです。

 

なので、第一類では配合量が多い少ないにかかわらずミノキシジルが入っている場合には医薬品になります。ミノキシジルが入っている医薬部外品はありません。

 

医薬部外品は化粧品の分類に当てはまります。医薬部外品と化粧品分類という風に分かれることもありますが、基本的には化粧品分類ベースです。

 

医薬部外品に認定されている成分が含まれる場合には医薬部外品になります。一番分かり易いのは医薬品は治療に用いられるという事でしょう。

 

なので、医薬部外品の製品で治療を行うという事がないという事になります。

 

薄毛の場合には治療を行うという言葉も定着してきているのでやはり医薬品の製品を使うという人も今後はもっと増えてくるかもしれません。

医薬品と医薬部外品の主な育毛剤の違い おすすめ記事